Home > 活動・取り組み

有機の力

昨今の新型コロナウイルスの世界規模の感染拡大の影響で「食料のサプライチェーンは壊れた」とも言われています。

しかしこのことが、日本を取り巻く新たな価値観や有機農業のあり方を生み出し、未来の食と農が持続可能な形になるチャンスかもしれません。その状況を踏まえ、有機農業は地域循環を基本として、持続可能な農業の根幹であることを生産者や消費者に伝えていきます。

また、高品質・多収穫な次世代型の有機農業技術は、今後の日本を大きく左右する技術革新であり、本来農産物が持つ能力を最大限生かせる技術です。この技術を活用した取り組みは、安全で美味しく栄養価の高い野菜を手頃な価格で手にすることができ、生産者だけでなく、消費者にとっても十分魅力のある取り組みです。

これまでの取り組みを継承し、さらなる普及啓発のために有機農業技術者会議をオンライン開催する事で生産者、消費者、流通業者、行政関係者等のそれぞれの立場で日本の食と農を創造して未来志向で更に活動を拡大していきます。

新しい農業力と協同の力

農協、生協、漁協、森林組合など近年、それぞれの事業を取り巻く環境に厳しさが増す中で協同組合間の連携が話題になっています。

特に、生産と消費を直接結ぶ「産直」は、コロナ禍である現状も相まって、生産者、多様な協同組合、消費者などを結びつける「共創空間」となり、それぞれが発信や連携することによって、新たな価値観やそれに対応しようとする手法が生まれつつあります。

また、モノやサービスだけで満足する時代は終焉を迎え、スペシャリティな経験や、生産もしくは消費の意義に価値が生まれる「経験経済 (コト消費)」が重視されるようにもなりつつあります。

このようなニューノーマルな時代だからこそ、生産者、消費者、環境全てに「未来良し」となる新しいエシカルな農業力を発信し、全国とオンラインでつながるイベントを開催し、新時代を展望します。